×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXデモトレードを体験しよう

FXデモトレードとは、実際のお金を使わず、仮想マネーを利用して、仮想マネーによって、実際の取引を体験できるシステムです。主要大手の外為業者であれば、たいていの企業が導入しています。

実際に取引会社を決める前に、複数の業者のデモ取引を体験してから、本番に臨むようにしましょう。机上の学習、用語の学習や相場の値動きについての知識を得ることも、もちろん必要です。

FX取引にかぎらず、金融製品というものは、「実践だけでは限界がある」ということが、言えるのです。そして、実際の取引に近い体験をしてみることも、同じくらい必要となります。想像以上に値動きの速い「相場」というものに、翻弄されてしまう初心者の方が、意外に多いものです。

相場の予測をし、どの通貨をペアで買うか、その時の投入資金、証拠金とレバレッジの関係などの計画を立てるという部分には、机上の学習である程度論理をつかんでいないと、難しいものがあります。また、一方で、売り買いのタイミングなどは、ある程度「感覚」をつかまないといけません。

バーチャルトレードでは最も有名なDMM.COM証券を紹介しておきますので、チェックしてみて下さい。無料トレードで練習というのは理にかなった手法なので積極的に利用してみましょう。

>>DMM FXバーチャルトレードはコチラ

FXデモトレードの流れ

FXデモトレードは、新規発注(発注)は、その名前の通り「新しく発注をすること」です。このとき、トレーダーは為替相場をみて、自分の取引条件を決めて、発注をするのです。

為替相場の見方、発注の手法などについては、実際のFX取引、あるいはFXデモトレードに取りかかる前に、学習しておくとよいでしょう。実際の為替の値動きというのは、予測以上に早いものですので、ご用心ください。

次に発注した発注が約定されると、売買が成立している状態がやってきます。この状態を「買い(売り)ポジションは、仮想口座にのこっている証拠金(仮想マネー)が残っているならば、複数のものを持つことができます。そして、いよいよ損益の決定がされるのは、決済発注を出したときです。FX取引は「買った通貨を売る」、あるいは、「売った通貨を買う」という発注を出して、それが約定された時点で、損益が決定されることになるのです。

決済発注を発注すれば、その取引にかかったコスト、発注手数料、スプレッド、スワップポイント、為替差損益のトータルが計算され、損益が確定することになります。

FX投資で得たお金

FX投資で得たお金にははたして税金はかかるのでしょうか?FX投資で発生した利益は税制上、「雑所得」とされます。一年間の雑所得の合計が20万円以下ならば、課税対象となりません。しかしながら、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告をする必要が生じてしまいます。

税金を払わないと脱税になるので、忘れないようにしてください。FX投資で取得した利益には税金を納める必要があるのでしょうか?FX投資により取得した利益は税制上、「雑所得」の内訳になります。一年間の雑所得の合計が20万円以下ならば、税金は発生しません。けれど、雑所得の合計が、20万円を上回った場合には、確定申告の手続きが必要です。税金を払わずにいると、申告漏れになってしまいますので、どうぞお気をつけください。

FXの口座を開設して損するようなことはあるのでしょうか?口座を設けたからといって開設費がかかるわけではありませんし、維持費の心配も不要なので、デメリットはないと言えます。ですから、FXに関心がある人は取引を始めるかどうかは別にして、口座だけ試しに開設するのもいいかと思います。FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、FX業者に口座開設の折、または取引をしようとする時に最低証拠金が必要となってくるため、どこのFX業者を利用したいかによって違う金額になります。

具体的な必要最低証拠金を100円としている所もあったり中には、5万円、10万円という所もあるのです。そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり大きな額でスタートできる10000通貨の業者もありますが、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくとリスクを低めに抑えられるでしょう。FX投資に取り掛かる前に、所有する通貨数を決めておくというのも不可欠です。所有通貨量を前もって決めておき、それより上のポジションは所持しないようにしてください。こんなふうにすることで、勝ったとしても利益は低下しますが、損失も減少します。



外国為替証拠金取引投資での予測が外れ続けると、その資金の減少分を元に戻すために知らず知らずのうちに多くのお金を使ってしまう人も少ないとは言えません。そうすると、大きな負債を背負う可能性があるので、FX講座には不要なお金を入金しておかないようにしましょう。これは口座に不必要な資金も入れてしまうと、まだ余力が残っていると思って投入する予定のなかった資金まで投入してしまう可能性があるからです。

FX投資をやろうというときに勉強しておきたいのがFXチャートの分析方法です。FXチャートというのは、絶えず変化する為替相場の動きをグラフとしてまとめたものです。数字だけでは変動を読むことは容易ではありませんが、グラフのお蔭で分かりやすくなります。FXチャートを用いない場合利益を出すことはできないといえるので、見方を分かるようにしておいてください。FX投資で得られる利益には税金を払わなければいけないのでしょうか?

利益をFX投資で得ると税制上、「雑所得」とみなされます。一年間の雑所得の合計が20万円以下だとしたら、税金はかかってきません。でも、雑所得を合計すると20万円を超える場合には、確定申告の義務があります。税金を納めないと脱税になるので、きちんと税金を納めるようにしてください。スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスを操ってFX投資に時間を使う人も相当増えてきたようです。

PCをわざわざ立ち上げて取引を始めるよりもはるかに容易で、場所と時間を選ばないのが最大の長所でしょう。チャートアプリなども大変充実してきましたので、ほんの初心者の場合であっても比較的すみやかに慣れるでしょう。この先はもっと持ち歩けるスマホやタブレットをFX投資に使う人々は増加する一方だと予測されます。FX投資で得た儲けは課税対象なので確定申告の義務がありますが年間を通して利益がなかったときにはすることはありません。しかし、FX投資を継続するなら、利益が増えなくても確定申告の手続きをしておいた方がいいです。確定申告を記入し提出すれば、損失の繰越控除というものがあるため、3年間までは、損益を通算できます。